住宅ローンの借り換えのタイミング

住宅ローンの借り換えの案内があちらこちらの銀行等から来るようになりました。今まではほとんど来ていないなかったのに、なぜだろうと不思議におもい、ついでに住宅ローンの借り換えのタイミングを調べてみたのです。

最近、急に住宅ローンの借り換えが増えたのだそうで、その理由としては、収入と支出のバランスが悪くなったからだそうです。ようするに、支出を減らすためにおさえるもののひとつとして、毎月払っている住宅ローンがターゲットになったようです。

とはいえ、なにかのきっかけで、こういった長期のものは検討するのはいいかもしれません。ほおっておくといつまでたってもなにもしないままにおわってしまいます。送られてくるローンの内容をみても、以前と同じようなローンの様で優遇装置が違ったりします。単に、金利がかわるだけではないようですね。

年齢とのバランスもあるようなので、一概には言えないにせよ、住宅ローンの借り換えで得をする人も多いのだそうです。

しかし、一方で、住宅ローンの借り換えには、費用が掛かり、意外と高いものです。ちょっと優遇されるからと簡単に借り換えができないところですね。借り換えでも新規と同じ費用がかかります。契約書に添付する印紙代や、事務手数料代、繰り上げの返済手数料等、数千円というレベルではなく、かなりの額になります。

このようないろいろなことを考えてローンを選んでいくとなると、ちょっとめんどうにもなってくるのですが、そうはいっていられない人たちもたくさんいます。

なにかのきっかけで見直すタイミングを得ることができたのですから、もうちょっとの間、真剣に検討してみるのがいいですね。

«
»