ロト6が仲直りのきっかけに

おみくじの金運の結果が良くても、宝くじを買ったりすることはありません。でもグリーンジャンボや年末ジャンボは旦那が毎年買うので、もしかしたらそれに触れておくといったことはダメもとでしてみるかもしれません。近いうちにお墓参りや仏壇に参る機会があれば、「1等はダメでも前後賞をお願いします。いややっぱり100万円位当たりますように。。。いえやっぱり10万円でいいです」とご先祖様にお願いするかもしれません。もともと貧乏性なので大金なんてものには縁がないと思っているので、期待することと言えば小さなものです。たとえば、自販機で飲み物を買おうとした時に、おつりが出る箇所に前の人が取り忘れたお金が残っているとか、道端で100円拾うとか。あとは臨時ボーナス的に親や祖父母がお小遣いをくれるとか。たまに旦那も上司からお小遣いをもらう時があるのですが、そういう時に分け前をくれるとかにも期待します。お金ではないですが、子どもがメダルゲームの賭けるようなゲームをなんにもわからないまま適当によくやっているのですが、それで大勝ちして百枚単位でメダルが増えるのも嬉しいのでやってみたいです。普通にありとあらゆる懸賞に応募して、当選することにも期待です。もちろん欲をかいたらロクなことにならないので、お米とかお肉とかそういったものに応募したいです。

«
»